株主優待を有効活用
株主優待を有効活用している人の画像

桐谷広人さんを皆さんご存知ですか?テレビでも話題となった株主優待を使いこなす個人投資家です。桐谷広人さんの影響を受け株取引を始めた方も大勢いるほどです。当サイトでは株主優待の魅力と桐谷広人についてまとめております。

株主優待とダイダンとNSWについて

株主優待は、会社の株を保有してくれるお礼に、企業が株主に対して送るものです。
主に、自社商品や商品券などがあり、中には利回りが10%近くになる魅力的な株主優待もあります。
企業によって、内容が様々で、枚数によってももらえる内容も違います。

株主優待は、投資化だけでなく会社側ににもメリットがあり、長期で持ってくれる安定した株主を囲いこむことで買収を防ぎ、会社側の税の負担も軽くなります。

ダイダンは、管工事と電気設備工事業を行う会社です。
電気設備工事では、高度情報化社会に合わせて、将来的に対応できるシステムを提供しています。
また、ダイダンでは、快適な環境を作るための空調設備工事を行い、湿度と温度と空気の調整を行うことで、人間の微妙な感覚に合わせた心地良さを作っています。
他にも、ダイダンでは衛生設備工事や、ビルを新しくするリニューアル工事なども手掛けています。

NSWは、情報データ開発を主に取りあつかう会社で、ソフトウエア開発、デバイスの開発、システムインテグレーション事業、データセンター事業を中核としたクラウドサービス事業を展開しています。

NSWの特徴は、システムの最適化をワンストップで実現しています。
業種や業務ごとに必要な専門知識と長年の実績に基づいた豊富なノウハウを活かし、顧客の企業価値が上がるソリューションを提供しています。

また、NSWは携帯電話などのモバイル端末、カーエレクトロニクス、ネットワーク装置などのLSIからボード設計、プラットフォーム、組込みソフトウエア開発、評価まで一貫した技術を保有していて、それらの技術を品質マネジメントシステムで運用して、顧客が満足できる製品開発をしています。