株主優待を有効活用
株主優待を有効活用している人の画像

桐谷広人さんを皆さんご存知ですか?テレビでも話題となった株主優待を使いこなす個人投資家です。桐谷広人さんの影響を受け株取引を始めた方も大勢いるほどです。当サイトでは株主優待の魅力と桐谷広人についてまとめております。

住石HDやUSENは株主優待目当てとしては不向き

株主優待は最近注目をあつめるようになってきて、これを目当てに投資を始めようとする人も増えてきています。
しかし、注意をしておきたいこととしてはすべての銘柄が株主優待があるわけではなく、住石HDのように株主優待がない銘柄も少なくありません。
むしろ、住石HDのように株主優待が設定されていないという銘柄も多いので実際に投資をする時には、よく確認をしておく必要があります。

株主優待というのは自社の製品やサービスを配布する場合が多いので、住石HDのように石炭などの採石をしている業種というのは配布するものもないだけに優待が設定されていないことも少なくありません。

また、設定されているからといってそれが必ずしも魅力的かというとそのようなこともなく、有線放送として大手のUSENでは自社の有線放送の個人宅向けサービスを優待価格で申し込みをすることができるという優待がありますが、現実的によほどこれからUSENに申し込みをしようとしている人でなければ魅力的なものではありませんし、また優待をもらうことができたからといって利用をしようと考えるようなものでもありません。
もちろん、人によっては魅力がある優待だと感じる人もいることでしょうが、多くの人にとってはUSENのような優待というのは基本的にあって無いようなものということになってしまいます。

そのため、株主優待を目的として投資をするのであればどのような優待を配布しているのかということをまず確認することが重要で、次に企業としての信頼性が高いのかということも抑えておくことが大切です。
それをして置かなければ、肝心の株価が下がって損をしてしまったり目的だった株主優待が廃止されてしまうというおそれもあるので業績の確認は怠ることができません。